エンジニアがフリーランスになるメリット

会社員のエンジニアからフリーランスになると、仕事に関する束縛が少なくなります。特に時間的な束縛は納期だけとなり、その納期だけを守ることさえできれば、文句は言われません。
会社員の場合、決められた時間に出勤しなければ、遅刻や欠勤扱いになります。しかし、フリーランスであればそのようなことはなく、マイペースに作業を始められます。

そして、会社に所属している場合は、仕事を選べないことが多いです。
苦手なジャンルだったり気分が乗らなかったりして、あまり積極的になれない仕事でも、やるしかありません。もし、どうしてもやりたくないと断固拒否すれば、会社内での評価が下がり収入に悪影響を及ぼしたり、左遷されたりする恐れがあります。
しかし、フリーランスであれば、自分の価値観を基準にして自由に仕事を選ぶことができます。気に入らない仕事であれば、断ることだって不可能ではありません。
もちろん状況次第ではえり好みができない場合もあるかもしれませんが、それでも会社員よりは自由である可能性が高いです。

また、会社員の場合は、会社が中間手数料を取っていることがほとんどです。
もちろん仕事を取ってきたり、作業をするための設備を提供したりするなど、お金がかかるのは仕方のないことです。ただ、もし自分で設備を用意したり仕事を確保できたりするのであれば、そのような費用は必要ありません。
したがって、十分な実力を持っているエンジニアがフリーランスになった場合は、会社に払う手数料の分、給与が高くなる可能性があります。